山真農園の野菜たち

つくっているもの

当園でつくっているもの

板持海老芋の画像

板持海老芋

旬 1月 10~12月

 古くは、奈良時代の頃から地元で栽培されてきた里芋です。江戸時代末期から代々種を取り続け栽培方法も当時からほぼ変わっていない伝統野菜です。大阪富田林の板持田地は、マンモスがいた太古の時代は大きな川が流れていた場所です。その土地で育てた海老芋はクリームのようにトロける他にない里芋になります。現在、京都の料亭で使用されています。

河内茄子

旬 4~7月

 金剛山、葛城山の地下水と海の肥料、魚のカツオ海藻のワカメを主体にした自家製液肥で育てることにより、トロけるような食感とアクがなくほのかに甘くて食べた人からは、茄子の概念が変わったと嬉しい声も頂くこだわりの茄子です。

サムライピーチ

旬 4~7月

 農薬をほとんど使わず、有機肥料だけで育てています。水を少なくして厳しい環境で育てることにより、小ぶりながら糖度20を超える甘くて可愛い桃です。

イチゴ

旬 5~6月 

 果実は大きく果皮はつやのある鮮やかな紅色。甘味が強く酸味も強めでイチゴ本来の甘酸っぱさを堪能できます。

デストロイヤー

旬 9~4月

 デストロイヤー(ジャガイモ)見た目は赤紫、中は黄色のジャガイモでジャガイモとサツマイモを足して2で割ったような不思議な味のとっても美味しいジャガイモです。甘味があって味に深みがあり煮込み料理に最適です。

恋トマト

旬 6月

 まぁーかな恋トマトは、有機肥料と木で完熟にこだわって一生懸命作りました。特徴は、酸味と甘みのバランスが良く味の濃ーーいミディトマトです。トマトの味もしつつ優しい味わい。

ブドウトマト

旬 6月

甘~~~いプチブドウトマトは、まるでサンシャインマスカットのような甘いプチトマトです。お子様にも食べやすい大きさです。

キュウリ、ジャガイモ、スイカ、枝豆、ショウガ、キウイ、グレープフルーツ、ブドウ、軟弱野菜、オリーブなどその他にも色々育てています


加工品


自家製ブルーベリージャム

 自家製農園のブルーベリー、イチゴなどをふんだんに使ったこだわりのジャムです。フルーツ本来の味と香りがギュっと凝縮したやみつきのジャムです。


生ブルーベリーギフトボックス


ギフト箱詰め

 太陽たっぷり!一粒一粒旨味がビッシリ詰まった 生ブルーベリーとひと瓶に200以上のブルーベリーが入った自家製ブルーベリージャムを大切な方へ。ギフトとしてもお使いなられます。

▲TOPへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。